RPA導入事例紹介: 東京都葛飾区、源泉徴収精算にRPAを導入、検証では年間444人日の作業工数を削減

RPA導入事例紹介: 東京都葛飾区、源泉徴収精算にRPAを導入、検証では年間444人日の作業工数を削減



企業

東京都 葛飾区

業種・業界

官公庁

概要

東京都葛飾区は、外部スタッフに報酬を支払う際の源泉徴収の精算処理業務にRPA(ロボットによる業務自動化)ソフトを導入する。2017年にはテスト環境で検証を実施し、年間444人日の作業工数を削減した。今回、本番環境を対象にRPAシステムを構築する。システムを受注したみずほ情報総研が2018年9月27日に発表した。

利用したRPAサービス

AI Humming Heads

RPAで実現したこと

東京都葛飾区では、外部スタッフなどに報酬を支払う際の源泉徴収の精算処理業務にRPAを導入する。2017年には、テスト環境において、源泉徴収精算処理業務にRPAを適用し、効果を検証した。この結果、年間444人日の作業工数を削減できた。職員の労働時間を削減できたほか、事務ミスが減ったことで事務の品質が向上した。

RPAによるコスト削減の効果が見込めることから今回、本番環境においてRPAを導入することにした。2019年1月までの5カ月間で、作業計画、設計、RPAロボットの構築、テスト、本番稼動のフォロー、RPA規則案の作成、などを実施する。

引用元・出典

東京都葛飾区、源泉徴収精算にRPAを導入、検証では年間444人日の作業工数を削減
IT Leaders

お問合せ

RPAに関する検討・導入のご相談はお気軽に弊社までご連絡ください