RPA導入事例紹介: ロボ社員誕生! 新日鉄住金エンジニアリング

RPA導入事例紹介: ロボ社員誕生! 新日鉄住金エンジニアリング



企業

新日鉄住金エンジニアリング株式会社

業種・業界

鉄鋼・金属・鉱業

概要

働き方改革に根ざしたRPAロボの導入を推進

利用したRPAサービス

Win Actor

RPAで実現したこと

初めに実証実験を行ったのは、人事部門の業務でした。この業務は、厚生労働省へ、社員の労働時間に関するデータを提出するもので、当社の勤務情報をExcelで加工して、転記作業を繰り返すといった手間のかかる作業です。定期的に発生する業務でもあり、RPA化に適したものであると考え、当社の第一号のロボットが担う業務となりました。

もう一つの実証実験の対象としたのは、長時間労働への注意を促すため、前月に長時間労働となった社員がいた場合、リストを作成し所属長へ注意喚起文と対象者の勤務時間を連絡するものです。通知対象者が複数部署にわたる場合は、作業が煩雑になる事がありますが、社員個人の勤務情報ですので、配信先を間違うことは許されません。実証試験の結果、この業務もRPAに適しているという事が証明されました。

引用元・出典

キーワードは「定型」「定期的」「大量」。 RPAは大学の業務との相性が抜群
winactor

お問合せ

RPAに関する検討・導入のご相談はお気軽に弊社までご連絡ください