RPA導入事例紹介: WinActor導入事例【楽天損保】 保険業界の大量の事務作業をRPAで解決!

RPA導入事例紹介: WinActor導入事例【楽天損保】 保険業界の大量の事務作業をRPAで解決!



企業

楽天損保

業種・業界

生保・損保

概要

損害保険会社として同社の歴史は古く、保険業界特有の紙問題に長年悩まされてきた。

利用したRPAサービス

Win Actor

RPAで実現したこと

「保険業界には『紙問題』があります。つまり大量の紙のデータを部署間で右から左に引き継いで作業しなければなりません。単純な作業ですが、相当の人員が必要で、多くの時間と人件費を費やしてきました。」
保険業界なら当たり前の「紙」による契約申込書や承認請求書。この紙ベースの業務を何とか軽減できないかと苦心してきたそうだ。

「手書きの申込書をデータ入力するのはまだしも、元々データだった情報をプリントアウトし、基幹システムに再度データ入力する作業がありました。担当する社員や派遣社員さんにとって大きな作業負担で、非効率で不満が多い業務でした。」

【自動化事例1】
処理データはExcelなど複数のソフトウェアを経由し基幹システムに入力するためオペレータによる作業が必要だったが、WinActorを異なるソフトウェアの橋渡し役にすることでオペレータの作業が不要になる

【自動化事例2】
数百の代理店に固有の情報を送付するために、繰り返しの作業を定期的に実施する。作業内容は毎回同じになるのでオペレータの作業時間削減に加え、スピードアップと人為的ミスの軽減も達成できた。

引用元・出典

WinActor導入事例【楽天損保】 保険業界の大量の事務作業をRPAで解決!
winactor

お問合せ

RPAに関する検討・導入のご相談はお気軽に弊社までご連絡ください