RPA導入事例紹介: 「JFEスチール株式会社 知多製造所」様×「WinActor」 =「本社と拠点主動によるハイブリット導入」

RPA導入事例紹介: 「JFEスチール株式会社 知多製造所」様×「WinActor」 =「本社と拠点主動によるハイブリット導入」



企業

JFEスチール株式会社

業種・業界

鉄鋼・金属・鉱業

概要

全社の取組みとして、2017年より「ワークスタイル変革」が開始されました。本取組みの柱である、業務効率化の具体策を検討する中で、事務作業時間削減の手段の一つとして、知多製造所では、話題となっていたRPAの導入を検討することにしました。 

利用したRPAサービス

Win Actor

RPAで実現したこと

RPAの導入に際して、まず知多製造所の「ワークスタイル変革」推進は、我々企画室が担っているということをメンバーで共有しました。そのために、企画室の業務に限定せず、製造所内の各部署からRPA化したい業務を募集し、企画室の担当者がシナリオを作成するといった体制を整えました。

RPA化を効率的に進めるためには、対象業務をよく知り、手順を統廃合した上でシナリオにする必要があります。

そのためには、各部署の実担当者など業務をよく知るメンバーが実際にシナリオを作成するのが、より効率的で早期展開が可能だと考えましたが、一方で、各部署の担当者任せにすると野良ロボットが増えるリスクもありましたので、知多製造所では、業務に精通したメンバーを集め、企画室で一元管理することにしました。

我々がRPA化したい対象は、その多くが製造所(拠点)内で完結する「少量多品種」の業務でしたので、より早く確実に効果を上げるためにも、拠点主動で進めるのが良いと考えました。

製品を作るときのスケジュール管理、実績管理、品質管理等で必要になる情報をシステムに入力・整理する作業や、基幹システムへデータを投入する作業を中心にRPA化を行っています。

これらのデータは、タイムリーに入力する必要がありますが、RPA化によってその入力作業が省略でき、今まで以上に「解析・改善作業」に時間を割り当てる事ができるようになりました。

引用元・出典

RPA導入事例紹介: 「JFEスチール株式会社 知多製造所」様×「WINACTOR」 =「本社と拠点主動によるハイブリット導入」
winactor

お問合せ

RPAに関する検討・導入のご相談はお気軽に弊社までご連絡ください