RPA導入事例紹介: RPAで年換算438時間の縮減、東京都が実証実験

RPA導入事例紹介: RPAで年換算438時間の縮減、東京都が実証実験



企業

東京都

業種・業界

官公庁

概要

東京都は、RPAによる作業自動化の共同実証実験結果を発表した。主税局やオリンピック・パラリンピック準備局などの29業務を対象に実施した結果、25業務で年間換算438時間の縮減効果が得られたという。

利用したRPAサービス

RPAで実現したこと

RPAに向けた業務分析やシナリオを作成し、東京都職員とともに効果を検証した。その結果、処理時間の縮減や正確性の向上、自律的な業務改善を確認したという。
対象となった部署は東京都の主税局やオリンピック・パラリンピック準備局、水道局、収用委員会事務局、総務局。実際にRPAを適用した業務は、個人事業税の統計資料整理や通勤届の作成支援、文書管理システムへの入力など29種類。

29業務のうち、25業務で処理時間を縮減でき、年間換算すると438時間の縮減効果が得られた。縮減率の平均は66.8%。例えば通勤届の作成支援では46時間の縮減効果が得られたとしている。

引用元・出典

RPAで年換算438時間の縮減、東京都が実証実験
at mark IT

お問合せ

RPAに関する検討・導入のご相談はお気軽に弊社までご連絡ください