RPA導入事例 Tag

[vc_row] [vc_column] [vc_column_text] 企業 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]茨城県庁 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 業種・業界 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]官公庁 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 概要 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]全国の自治体で増えるRPAの実証実験。そんな中、2018年にいち早く実証実験に成功し、2019年4月から20業務へのRPA導入を決めたのが茨城県だ。「RPAについてほとんど知らなかった」という状態からわずか4カ月で実証実験が決まったというスピーディーな展開の裏には、一体何があったのか。 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 利用したRPAサービス [vc_separator type="small" position="left" up="6"]UiPath [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] RPAで実現したこと [vc_separator type="small" position="left" up="6"]部からは「定時で帰れる仕事」と思われがちな自治体の業務だが、実際はいまだに紙ベースで行われることが多い申請の処理作業などが山積みで、職員が多忙を極めるケースもあるという。また、「市民の税金で業務を回していることもあり、簡単にはツール導入の予算を取れない」と頭を抱える自治体もあるようだ。 「もともと県庁では、財政が厳しかったこともあり、人員削減を進めていました。その結果、良くいえば執行体制はスリムになったのですが、一方で時間外労働も増えてしまいました。年々行政の業務が多様化、高度化する一方で、マンパワー不足が課題になっていたのです」 データを紙から手入力で打つ』『調査票をコピペして集計する』といった、いわゆる“やればいいだけの仕事”を省力化、効率化したいというニーズは(庁内に)相当あった。 験の対象になる業務を募集し、キャップジェミニとUiPathの協力を得て選定を開始。県庁全体から集まった65の業務から、「これからも必須な業務か」「業務データが既に電子化されているか」「業務のルールが標準化されているか」「導入効果が高いかどうか」「扱うデータの規模はどれくらいか」といった選定基準を通った4業務が選ばれ、2018年8月から10月にかけて実証実験が行われた。 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 引用元・出典 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]“予算ゼロ”からの逆転 茨城県庁が「RPAって何?」から4カ月で実証に踏み切った理由 ITMedia [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row css_animation="" row_type="row" use_row_as_full_screen_section="no" type="grid" angled_section="no" text_align="left"...

[vc_row] [vc_column] [vc_column_text] 企業 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]ジャパンネット銀行 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 業種・業界 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]銀行・証券 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 概要 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]ジャパンネット銀行では、Visaデビットによる決済件数の増加によって関連する事務の量が十数倍に増加したため、煩雑な手作業によるオペレーションの自動化に着手。 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 利用したRPAサービス [vc_separator type="small" position="left" up="6"]Autoブラウザ名人 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] RPAで実現したこと [vc_separator type="small" position="left" up="6"]現在、モニタリングセンターでは「Autoブラウザ名人」を利用して7つの業務を自動化しており、2016年の事務量で試算すると、数百万円の事務費が削減できたという。 ジャパンネット銀行では、事業戦略のひとつとして「低コスト構造化の早期推進」に取り組んでおり、今後はメール操作を自動化する「Autoメール名人」も活用して業務の自動化にも取り組むほか、他部門でもRPAを導入していく予定。 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 引用元・出典 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]ジャパンネット銀行がRPA導入、決済・不正モニタリング業務の自動化でコスト削減 Boxil [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row css_animation="" row_type="row" use_row_as_full_screen_section="no" type="grid" angled_section="no" text_align="left"...

[vc_row] [vc_column] [vc_column_text] 企業 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]ナカシャクリエイテブ株式会社 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 業種・業界 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]サービス・インフラ [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 概要 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]かねてより社内の業務効率化を実践してきたが、2016年、さらなる効果を求めてRPA(ロボットによる業務の自動化)の導入を決定した。 テストケースとして運用している部門では、大幅なコスト削減・作業時間短縮が現実のものとなった。ナカシャクリエイテブはこの実績を活かし、全社でのRPA活用と同時に、RPA導入サポートビジネスも展開している。 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 利用したRPAサービス [vc_separator type="small" position="left" up="6"]Win Actor [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] RPAで実現したこと [vc_separator type="small" position="left" up="6"]時間やコストのロスを生み出している作業、つまり人がミスを起こしやすい作業を“見える化“する「全社一斉総点検」を行った。総点検ではまず、主要業務の全工程、全作業を洗い出して「表準化(おもてのひょうじゅんか:現状の作業方法・手順をそのままリストアップし、表にまとめる)」し、ミスの原因となっている工程を特定。続いてパレート図 でミスの傾向とそれによるロスを分析し、無駄を“見える化“していった。そのうえで各部門が自主現場研究会を実施。問題となっている作業の工程・工数の見直しを行った。同社で定める「神様工数(全く無駄のない論理的な理想工数)」を目標に改善を進める中、RPAが効率化実現のための選択肢として検討されるようになった。 異常が発生した時のスクリーンショットを、特定のフォルダに保存するといったシナリオをつくることもできます。こうしておけば全体の作業は止まることがありません。後で人間がスクリーンショットを見れば、どこでどんなエラーが発生したかを簡単に知ることができます。ここまで造り込むことで初めて自動化から『自働化』になります。 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 引用元・出典 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]【ナカシャクリエイテブ様】RPAで業務効率化に成功し、人には成し得なかった「神様工数」を実現 winactor [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row css_animation="" row_type="row" use_row_as_full_screen_section="no" type="grid"...

[vc_row] [vc_column] [vc_column_text] 企業 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]三井物産 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 業種・業界 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]総合商社 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 概要 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]角的なビジネス展開と総合力で新たな価値創造を続けている三井物産。"攻めのIT経営"に取り組む同社では、社内に数多く存在する定型作業の効率化を図るべく「RPA(Robotic Process Automation)」に注目。 の結果、年間130時間を要していた入力作業がわずか30時間にまで短縮されたほか、入力ミスの減少や作業担当者の精神的な負担解消、さらには定型作業から解放された時間の有効活用にも成功している。 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 利用したRPAサービス [vc_separator type="small" position="left" up="6"]Win Actor [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] RPAで実現したこと [vc_separator type="small" position="left" up="6"] RPAは、たとえばExcelのデータをコピー&ペーストでERPに登録するなど、社内に数多く存在する定型作業の効率化に大きな効果を発揮してくれるものです。このように、身近さと使い勝手の良さを兼ね備えているという点が、弊社はもちろん多くの企業から注目されている理由といえます」と語る。 企業内には数多くの定型作業があり、同時に各部署や担当者レベルの課題も存在している。たとえば同社の場合、ある取引先メーカーのWebシステムに対する単価訂正業務が挙げられる。この業務は半年に一度発生するもので、作業自体こそ単純ながら明細数が膨大なため、約7名体制で対応していた。しかし、入力ミスの多発に加えて、多くの時間を要する入力後の確認作業、さらにはWebシステムのレスポンス遅延やフリーズで作業担当者が大きな精神的負担を強いられる、といった課題を抱えていたのである。 「RPA化の効果が期待できる基準としては、同じ処理を繰り返す、総合的な作業時間が多い、例外処理が少ない、判断処理をあまり必要としない、といったものが挙げられます。RPAを使ううえで重要なのは、あまり過剰な期待をせずに"できること"と"できないこと"の境界線を正しく理解するという点ですね。導入時にはこの境界線を念頭に置いたうえで、システムではなくデジタルレイバーとして考える、業務プロセス全体の見直しと綿密な要件定義を行う、継続的なメンテナンスを実施する、といった取り組みが求められます。単純にすべてをRPA化するのではなく、作業内容に応じてExcelのマクロや手作業を使い分けることが、業務の大幅なプロセス改善につながるわけです」と、中村氏は語る。 「たとえば、半年に一度発生する単価訂正業務では、これまで年間130時間を要していた入力作業がわずか30時間にまで短縮できました。入力ミスがなくなったことに加えて、作業担当者の精神的な負担が解消されたのも大きいですね。実際にユーザー部門からは、単価訂正業務から解放された時間を使って顧客の訪問件数が増えたり、提案書の作成に時間を費やせるようになったりと、喜びの声が数多く届いています」 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 引用元・出典 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]【三井物産】入力作業が年間130時間から30時間に短縮 定型作業のRPA化で”攻めのIT経営”を実践 winactor [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row css_animation="" row_type="row" use_row_as_full_screen_section="no"...

[vc_row] [vc_column] [vc_column_text] 企業 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]新日鉄住金エンジニアリング株式会社 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 業種・業界 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]鉄鋼・金属・鉱業 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 概要 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]働き方改革に根ざしたRPAロボの導入を推進 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 利用したRPAサービス [vc_separator type="small" position="left" up="6"]Win Actor [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] RPAで実現したこと [vc_separator type="small" position="left" up="6"]初めに実証実験を行ったのは、人事部門の業務でした。この業務は、厚生労働省へ、社員の労働時間に関するデータを提出するもので、当社の勤務情報をExcelで加工して、転記作業を繰り返すといった手間のかかる作業です。定期的に発生する業務でもあり、RPA化に適したものであると考え、当社の第一号のロボットが担う業務となりました。 もう一つの実証実験の対象としたのは、長時間労働への注意を促すため、前月に長時間労働となった社員がいた場合、リストを作成し所属長へ注意喚起文と対象者の勤務時間を連絡するものです。通知対象者が複数部署にわたる場合は、作業が煩雑になる事がありますが、社員個人の勤務情報ですので、配信先を間違うことは許されません。実証試験の結果、この業務もRPAに適しているという事が証明されました。 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 引用元・出典 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]キーワードは「定型」「定期的」「大量」。 RPAは大学の業務との相性が抜群 winactor [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row css_animation="" row_type="row" use_row_as_full_screen_section="no" type="grid"...

[vc_row] [vc_column] [vc_column_text] 企業 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]立命館大学 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 業種・業界 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]教育 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 概要 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]この過程で浮かび上がったのが、人手に頼らざるを得なかった単純ながらも大量で定期的に発生する定型業務。 ここにメスを入れることでさらなる業務の効率化を図り、職員の業務の軸足を「作業」から「創造的業務」へと移行することはできないか――。財務部において試行的に始まった先進的取り組みが、RPA(robotic process automation)とともにスタートしました。 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 利用したRPAサービス [vc_separator type="small" position="left" up="6"]Win Actor [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] RPAで実現したこと [vc_separator type="small" position="left" up="6"]支払手続きのための確定操作をWinActorに置き換え。1回あたり約3,000回繰り返していた「画面を確認してクリックする」という業務を自動化した。この業務は毎週必ず1回発生していたため、年間の作業数は約25万件に及んでいた。 運用しているERPでは、システムの上流にあるデータと下流にあるデータの調整が不可欠だった。この作業は毎週1回発生し、所要時間は約4時間。WinActorにより自動化されることで、業務は大幅に効率化された。 多種多様な定型業務があり、それらが定期的に大量に発生するという大学ならではの業務とRPAの相性の良さが実証された。さらには、将来の全学的な展開の可能性も。RPAが活用されることで職員は創造的な業務への集中が可能になるため、ERPを活用した経営を支えるデータの抽出や分析への道筋はさらに確かなものになった。 どの業務をRPAに置き換えるか」をしっかりと議論しました。「定型」「定期的」「大量」というRPAの特性を生かせる業務であることはもちろんですが、万が一、意図しない処理をRPAが行ったとしても影響を最小限に留められるものを選びました。そのうえでRPA用のシナリオを作る難易度や業務そのものの重要性などを加味し、優先順位を付けて置き換えを進めています。 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 引用元・出典 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]キーワードは「定型」「定期的」「大量」。 RPAは大学の業務との相性が抜群 winactor [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row css_animation="" row_type="row"...

[vc_row] [vc_column] [vc_column_text] 企業 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]のぼり屋工房株式会社 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 業種・業界 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]専門商社 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 概要 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]少子高齢化時代の到来を迎え、人員の充足に悩む企業は少なくありません。岡山市の、のぼり屋工房株式会社は、お客さまからいただいたオーダーメイド製品の受発注処理にRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を導入。欠員が発生した部門に新たな人を採用することなく、業務の継続を可能としました。 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 利用したRPAサービス [vc_separator type="small" position="left" up="6"]Win Actor [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] RPAで実現したこと [vc_separator type="small" position="left" up="6"]「弊社にはカタログ販売の既製品事業とオーダーメイドの別注品事業があります。既製品は品番などがすでに決まっているため、基幹システムへ直接受注入力が可能ですが、別注品は営業部の社員が基幹システムとは別の見積システムを使って処理し、お客さまとのやりとりの末、まとまった受発注データを基に改めて基幹システムに入力する必要がありました。その受発注管理のデータ量は1日あたり250点から300点で、異動する従業員はその処理に約5時間かかっていました」 「2ヶ月の試用期間で試行錯誤を続け、工程を調整しました。従来は見積システムから抽出したデータを人の手で整理して基幹システムに入力していましたが、RPA導入にあたって抜本的な業務改善を図り、最終的にはデータを無人で基幹システムに引き継ぎ、エラーが出た場合は人間が確認し、修正することにしました。人の仕事の完全な置き換えにはなっていませんが、それでも人間の労働時間にして5時間のうち3~4時間くらいはRPAが処理できるようになったので、大きな効果があると思っています」 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 引用元・出典 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]中小企業事例/のぼり屋工房株式会社】見積システムから基幹システムへのデータ引き継ぎをRPAに移植、従業員異動にともなう人手不足問題を解決 winactor [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row css_animation="" row_type="row" use_row_as_full_screen_section="no" type="grid" angled_section="no"...

[vc_row] [vc_column] [vc_column_text] 企業 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]JFEスチール株式会社 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 業種・業界 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]鉄鋼・金属・鉱業 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 概要 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]全社の取組みとして、2017年より「ワークスタイル変革」が開始されました。本取組みの柱である、業務効率化の具体策を検討する中で、事務作業時間削減の手段の一つとして、知多製造所では、話題となっていたRPAの導入を検討することにしました。  [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 利用したRPAサービス [vc_separator type="small" position="left" up="6"]Win Actor [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] RPAで実現したこと [vc_separator type="small" position="left" up="6"]RPAの導入に際して、まず知多製造所の「ワークスタイル変革」推進は、我々企画室が担っているということをメンバーで共有しました。そのために、企画室の業務に限定せず、製造所内の各部署からRPA化したい業務を募集し、企画室の担当者がシナリオを作成するといった体制を整えました。 RPA化を効率的に進めるためには、対象業務をよく知り、手順を統廃合した上でシナリオにする必要があります。 そのためには、各部署の実担当者など業務をよく知るメンバーが実際にシナリオを作成するのが、より効率的で早期展開が可能だと考えましたが、一方で、各部署の担当者任せにすると野良ロボットが増えるリスクもありましたので、知多製造所では、業務に精通したメンバーを集め、企画室で一元管理することにしました。 我々がRPA化したい対象は、その多くが製造所(拠点)内で完結する「少量多品種」の業務でしたので、より早く確実に効果を上げるためにも、拠点主動で進めるのが良いと考えました。 製品を作るときのスケジュール管理、実績管理、品質管理等で必要になる情報をシステムに入力・整理する作業や、基幹システムへデータを投入する作業を中心にRPA化を行っています。 これらのデータは、タイムリーに入力する必要がありますが、RPA化によってその入力作業が省略でき、今まで以上に「解析・改善作業」に時間を割り当てる事ができるようになりました。 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 引用元・出典 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]RPA導入事例紹介: 「JFEスチール株式会社 知多製造所」様×「WINACTOR」 =「本社と拠点主動によるハイブリット導入」 winactor [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row css_animation="" row_type="row" use_row_as_full_screen_section="no"...

[vc_row] [vc_column] [vc_column_text] 企業 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]楽天損保 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 業種・業界 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]生保・損保 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 概要 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]損害保険会社として同社の歴史は古く、保険業界特有の紙問題に長年悩まされてきた。 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 利用したRPAサービス [vc_separator type="small" position="left" up="6"]Win Actor [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] RPAで実現したこと [vc_separator type="small" position="left" up="6"]「保険業界には『紙問題』があります。つまり大量の紙のデータを部署間で右から左に引き継いで作業しなければなりません。単純な作業ですが、相当の人員が必要で、多くの時間と人件費を費やしてきました。」 保険業界なら当たり前の「紙」による契約申込書や承認請求書。この紙ベースの業務を何とか軽減できないかと苦心してきたそうだ。 「手書きの申込書をデータ入力するのはまだしも、元々データだった情報をプリントアウトし、基幹システムに再度データ入力する作業がありました。担当する社員や派遣社員さんにとって大きな作業負担で、非効率で不満が多い業務でした。」 【自動化事例1】 処理データはExcelなど複数のソフトウェアを経由し基幹システムに入力するためオペレータによる作業が必要だったが、WinActorを異なるソフトウェアの橋渡し役にすることでオペレータの作業が不要になる 【自動化事例2】 数百の代理店に固有の情報を送付するために、繰り返しの作業を定期的に実施する。作業内容は毎回同じになるのでオペレータの作業時間削減に加え、スピードアップと人為的ミスの軽減も達成できた。 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 引用元・出典 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]WinActor導入事例【楽天損保】 保険業界の大量の事務作業をRPAで解決! winactor [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row css_animation="" row_type="row" use_row_as_full_screen_section="no" type="grid"...

[vc_row] [vc_column] [vc_column_text] 企業 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]弥生会計 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 業種・業界 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]ソフトウエア [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 概要 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]顧客サービス本部が大阪と札幌に持つカスタマーセンターでの業務に活用し、成果を上げているという。 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 利用したRPAサービス [vc_separator type="small" position="left" up="6"]Win Actor [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] RPAで実現したこと [vc_separator type="small" position="left" up="6"]現在は時代のニーズに合わせてクラウドアプリケーションも拡充し、さらに製品同士の連携利用もできるようにしています。そのためカスタマーセンターへ寄せられるお問い合わせが複雑化し、適切に回答するには相応の習熟度が必要となってきました。 昨今、各業界で深刻化しているコールセンターでの人手不足という社会背景も加わり、弥生では限られた人員に有効に働いてもらうための効率化が急務となっていた。 開発チームがカスタマーセンターでヒアリングを行ってみると、「引継ぎが繰り返されたことで、プロセスとしては存在しているものの、もはや不必要と思われる業務」や、「本来1回ですむ集計が、3つに分割されているケース」など、無駄と思われる業務が複数見つかった。属人化が進んでいたことで、誰もそうした無駄に気づかなかったのだ。開発チームではそれらを整理すると同時に、誰でもその業務に対応できるよう、業務プロセスフローを作成していった。 試験導入は10業務を選んで行われ、以下のような属人化業務が自動化された。 電話でサポート対応した顧客に、メール・アンケートを送信し、その結果をWebサーバで集計、結果をExcelなどに貼り付けて報告書にする FAQサイトのアクセス集計結果(Googleアナリティクス)をダウンロードし、Excelで加工・集計して共有する 製品・サービスの購入前相談があったら、その申し込みデータを顧客管理システムに登録する [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 引用元・出典 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]【弥生株式会社】カスタマーセンターの業務を一部自動化、月303時間の作業を削減。業務プロセス効率化、属人化の解消にも効果 winactor [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row css_animation="" row_type="row" use_row_as_full_screen_section="no" type="grid" angled_section="no"...