企画・管理

[vc_row] [vc_column] [vc_column_text] 企業 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]サーラグループ [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 業種・業界 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]企画・管理 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 概要 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]RPAツール「BizRobo!」を2017年9月に導入した。グループ各社にあまねく普及を進める狙いから、「Web閲覧」「CRM」「ERP」といった各社が共通利用するアプリケーションとの適合性を優先的に検証。本格導入開始から1年余で約20種類のロボットが実運用に至っている。 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 利用したRPAサービス [vc_separator type="small" position="left" up="6"]BizRobo! [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] RPAで実現したこと [vc_separator type="small" position="left" up="6"]かねてグループ各社で進めてきたシステム化は、付随する作業の負担軽減が懸案で、さらに持株会社制への移行に伴ってグループ全体としての業務標準化も課題となった。 働き方改革への社内的機運の高まりを追い風に、2016年からRPAを活用した業務改善の検討を開始。 現在ロボット化している作業は「気象庁のWebサイトからLPガスの需要予測の資料となる気温データを取得」「リフォーム施工履歴をExcelから業務システムへ登録」「口座振替の結果をERPからリストで取得」「官公庁への届け出が必要な状況の有無を業務システム上で監視」など約20種類にのぼる。 ロボット化の対象業務の選定で特徴的なのは、WebやERPといったグループ共通で利用する環境への導入を優先している点だ。導入規模拡大の要所となるポイントにまず採り入れ、そろって適合性が確かめられたことにより、グループ全体への展開を現実的に検討できる段階に入っている。 ロボット化による直接的な業務時間の創出効果は、年間およそ750時間。業務そのものを見直したことに伴う効率化の実現も含めると、それ以上の効果が得られている。 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 引用元・出典 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]多拠点の運用統制に長けたBizRobo!を、50超の事業所に水平展開。ロボットの活用により、グループの業務標準化と新事業創出を図る RPA Technologies [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row css_animation="" row_type="row" use_row_as_full_screen_section="no" type="grid" angled_section="no"...