銀行・証券

[vc_row] [vc_column] [vc_column_text] 企業 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]ジャパンネット銀行 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 業種・業界 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]銀行・証券 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 概要 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]ジャパンネット銀行では、Visaデビットによる決済件数の増加によって関連する事務の量が十数倍に増加したため、煩雑な手作業によるオペレーションの自動化に着手。 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 利用したRPAサービス [vc_separator type="small" position="left" up="6"]Autoブラウザ名人 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] RPAで実現したこと [vc_separator type="small" position="left" up="6"]現在、モニタリングセンターでは「Autoブラウザ名人」を利用して7つの業務を自動化しており、2016年の事務量で試算すると、数百万円の事務費が削減できたという。 ジャパンネット銀行では、事業戦略のひとつとして「低コスト構造化の早期推進」に取り組んでおり、今後はメール操作を自動化する「Autoメール名人」も活用して業務の自動化にも取り組むほか、他部門でもRPAを導入していく予定。 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 引用元・出典 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]ジャパンネット銀行がRPA導入、決済・不正モニタリング業務の自動化でコスト削減 Boxil [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row css_animation="" row_type="row" use_row_as_full_screen_section="no" type="grid" angled_section="no" text_align="left"...

[vc_row] [vc_column] [vc_column_text] 企業 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]株式会社第四銀行 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 業種・業界 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]銀行・証券 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 概要 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]自前で実装や保守を行う「内製化」の道を選んだ同行は、少量・多種の事務が多い実態に即して試験導入中から運用ノウハウを蓄積。特徴的な「3層構造」によるロボット管理を確立し、RPAを適用する業務範囲を急速に拡大してきた。 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 利用したRPAサービス [vc_separator type="small" position="left" up="6"]BizRobo! [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] RPAで実現したこと [vc_separator type="small" position="left" up="6"]定型作業を代替するRPAに着目。PoC(概念実証)を経て2017年8月にテスト運用を開始し、その3カ月後に本番運用へ移行した。 金融機関のRPA活用で先行したメガバンクと比較して相対的に「少量・多種」の事務作業が多い自行の実態を踏まえ、ロボットの効果的な活用方法を探ってきた。 人間からロボットに置き換えたのは、営業店事務を行う事務集中部署で契約申込者の情報を照会する作業や、投資性金融商品の販売状況をモニタリングする本部業務で基礎データを取得する作業など。 本部に15ある全部署でのロボット導入を目標とし、本格導入から1年で、対人の接遇を担う秘書室などを除く13部への展開を完了した。 本格稼働開始から8カ月時点で34業務・130ロボットだったのが、同1年では52業務・275ロボットとペースも加速している。これは開発技術の向上に加え、新規開発に流用できる開発成果の蓄積や、メリットを実感した現場からの増設希望によるものだ。 テスト段階から1年半の累計で、ロボットが創出した余力は約1万6,000時間。2018年度中に5,000時間の上積みを目標としている。 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 引用元・出典 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]地域金融機関の組織変革は「少量」「多種」の事務がターゲット。「一元的」な「3層構造」の統制で、ロボットの全行展開を加速させる RPA Technologies [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row css_animation="" row_type="row" use_row_as_full_screen_section="no" type="grid" angled_section="no"...

[vc_row] [vc_column] [vc_column_text] 企業 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]GMOクリック証券株式会社 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 業種・業界 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]銀行・証券 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 概要 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]GMOクリック証券では、業務改革を旗印に2017年の初頭よりRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)ツールの活用を進めている。その活用のポイントは、業務部門自らが自発的に業務のロボット化を進め、改善を繰り返していく組織文化の醸成にある。 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 利用したRPAサービス [vc_separator type="small" position="left" up="6"]BizRobo! [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] RPAで実現したこと [vc_separator type="small" position="left" up="6"]GMOクリック証券では既存の業務の効率化・高度化を図るため、2016年10月より部署横断的な業務改革プロジェクトをスタートさせた。同プロジェクトは当初、各部署へのヒアリング等をベースに、業務に負荷がかかっている箇所を見つけ、BPR的にフロー改善するアプローチを採用していたが、時間や場所に拘束される端末依存の業務が多いことに起因する課題に直面。その解決方法としてRPAを活用。 RPAツールの選定に当たって重視したのは、大きく“アカウント管理の容易性”と“エンドユーザーによるロボット作成およびメンテナンスの分かりやすさ”の2点であった。 トライアルを含めると既に2年ほどBizRobo!を活用しているGMOクリック証券だが、その対象業務の領域は広く、証券業務、財務、人事総務、情報システム、コンプライアンス、経営企画となっている。たとえば、人事総務では、勤怠状況を把握し、適切な労働時間を管理するため、状況に応じてアラートを発するロボットが稼働しており、本業である証券業務については口座開設審査や貸株業務などをロボットが担っている。 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 引用元・出典 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]業務の効率化・高度化を自発的に進める組織風土の醸成を目指して、業務部門主導によるRPA活用を遂行 RPA Technologies [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row css_animation="" row_type="row" use_row_as_full_screen_section="no" type="grid" angled_section="no"...

[vc_row] [vc_column] [vc_column_text] 企業 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]三菱東京UFJ銀行 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 業種・業界 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]銀行・証券 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 概要 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]中長期に渡って業務の自動化、RPAの導入を推進し、約20業務で累計2万時間の作業を削減 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] RPAで実現したこと [vc_separator type="small" position="left" up="6"] 三菱東京UFJ銀行は、「RPA(Robotic Process Automation:ロボットによる業務自動化)」という言葉が存在しなかっときから、手作業の多い業務の自動化を検討してきた。 今でこそ、金融機関をはじめ、多くの企業が「業務効率化のソリューション」としてRPAに着目しているが、注目が集まる数年前から試行錯誤を続けてきたのである。 三菱東京UFJ銀行では、昨今急激に注目を集めるこのRPAを活用し、すでに約20業務で累計2万時間の作業を削減している。 ロボット化に向く業務は3つのタイプがあるという。 一つは「処理件数が数百、数千という大量業務であり、扱うデータも多いもの」。 二つ目は、「連続したプロセスが多い業務」。 三つ目は、「一つ一つは負荷の高い作業ではないが、一日のうち何度も実行する必要があるもの」。 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 引用元・出典 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]三菱東京UFJ銀行が可能性を拡げる、金融機関でのRPA導入による業務効率化 MUFG Innovation Hub [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row css_animation="" row_type="row" use_row_as_full_screen_section="no" type="grid" angled_section="no" text_align="left" background_image_as_pattern="without_pattern" background_color="#ffffff" padding_top="87"...

[vc_row] [vc_column] [vc_column_text] 企業 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]三井住友銀行 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 業種・業界 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]銀行・証券 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 概要 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]三井住友銀行がRPAを200業務に適用へ [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 利用したRPAサービス [vc_separator type="small" position="left" up="6"] UiPath [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] RPAで実現したこと [vc_separator type="small" position="left" up="6"] 三井住友銀行が日本IBMのOCR基盤とRPAツールの連携により紙帳票のデータ化を自動化した。 RPAを推進する中で課題となっていた紙帳票について、IBMの「Datacap Insight Edition」を基盤としたOCRの採用により自動化できるようになった。 SMFGおよびSMBCが推進するRPAプロジェクトは、 本部部署の無駄な業務を廃止し、重複した業務の集約・整理を進めるとともに、代替可能な業務については順次RPAに移管する取り組みを実施。 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 引用元・出典 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]三井住友銀行がRPAを200業務に適用へ―大手コンサル4社がUiPathを導入 IT Leaders [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row css_animation="" row_type="row"...