各組織・企業におけるRPAの導入事例

[vc_row] [vc_column] [vc_column_text] 企業 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]株式会社三越伊勢丹ホールディングス [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 業種・業界 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]百貨店・スーパー [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 概要 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]グループ年間売上高1兆2000億円超を誇り、国内だけで12社百貨店24店舗、専門館6店舗を展開する三越伊勢丹グループでは、これまでエクセルなどで行われてきたバックオフィス業務のRPA化に取り組んでいる。約1年にわたる実証実験を経て、2018年4月には専任チームも発足して本格的な導入が始まった。 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 利用したRPAサービス [vc_separator type="small" position="left" up="6"]UiPath [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] RPAで実現したこと [vc_separator type="small" position="left" up="6"]「現場の人が作ったエクセルマクロは、系統的に作られていない“デジタルのかけら”です。その解決策として注目したのがRPAです。」  それぞれの業務は、基幹システムからデータを取り出してエクセルシートに入力したり、手計算でデータ加工をしたりするなど、どこかで人手が介在していた。しかも、それなりの業務量だ。実証実験を担当したエンジニアリング統括部デジタル推進部デジタルフロントグループの坂上勇樹氏は「情報分析システムを使ったレポート作成の場合、商品管理部門だけで年間約80人月もかかっていました。正直、それほどの業務量になっているとは知りませんでした」と話す。 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 引用元・出典 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]導入事例 株式会社三越伊勢丹ホールディングス Ui Path [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row css_animation="" row_type="row" use_row_as_full_screen_section="no" type="grid"...

[vc_row] [vc_column] [vc_column_text] 企業 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]茨城県 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 業種・業界 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]官公庁・公社・団体 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 概要 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]茨城県では、「挑戦する県庁」への変革を目指し、ICTの活用により職員がより多くの県民の声を聞いて、政策立案や県民サービスの向上に繋げるという、公務員の本質的な仕事に注力できる環境づくりを目指している。そのため取組の1つとして、業務を集約化・効率化しつつ、ルーティン業務を自動化するRPAを導入することで、新たな人的リソースを創出しようとしている。ここでは、茨城県庁でUiPathのRPAを採用した経緯や、その取り組みを紹介する。 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 利用したRPAサービス [vc_separator type="small" position="left" up="6"]UiPath [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] RPAで実現したこと [vc_separator type="small" position="left" up="6"]茨城県庁の職員数は、県の規模からみて、他県に比べても少ない。加えて、近年の好景気を背景に、地方自治体では人財確保が年々難しくなってきている。そのような背景から、ICTを活用した業務効率化を進めていく一環として、RPA導入に向けた検討が行われることとなった。 RPA導入のメリットとして、都道府県で行う業務は自動化できるところは、ほとんどの場合、既にシステム化されている。しかしながら、システムとシステムを橋渡しするところは、やはり人の手を介在する必要がある。そのような業務は、システム化するまでには至らないが、人の手でやるにはキツイ。そういったちょうど狭間にあるところにRPAを導入することにより、複数の業務システムをRPAが接続して、仮想的に一つの基幹システムにしてくれる。 茨城県のICT戦略チームは、そのようなアプローチは取らず、まず県庁職員に「RPAとは何か」を分かってもらう啓蒙活動から行った。ICT戦略チーム発足からほどない2018年5月にUiPathから講師を呼び、RPAに対して全く知見もなかった県庁職員に向けて「RPAとは何か」の説明会を県庁内で行ったという。 PoCの結果、対象の4業務については職員の労働時間で見た場合、86.5%、延べ2,768時間の削減効果があることが分かった。県庁内の類似の40業務にRPAを導入した場合の推定削減時間は、年間約46,000時間にもなるという。 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 引用元・出典 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]導入事例 茨城県 Ui Path [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row css_animation="" row_type="row" use_row_as_full_screen_section="no" type="grid" angled_section="no"...

[vc_row] [vc_column] [vc_column_text] 企業 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]伊藤忠商事株式会社 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 業種・業界 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]商社 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 概要 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]中長期計画の中で「商いの次世代化」「スマート経営」「健康経営No.1企業」の3つを基本方針に掲げ、すべての領域において新技術を取り込み、ビジネスを進化させようとしている。そうした状況で、具体的な施策として同社が注目したのは定型業務を自動化するRPAの活用だ。 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 利用したRPAサービス [vc_separator type="small" position="left" up="6"]UiPath [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] RPAで実現したこと [vc_separator type="small" position="left" up="6"]IT企画部で部長を務める渡辺氏は、「朝型勤務制度が定着し、20時以降の残業が禁止となり、総労働時間は減った。すると今度は、『生産性を向上させ、限られた時間を高付加価値の業務に使おう』という議論に移った」 2019年1月現在、稼働するロボットはカンパニー特有のものから共通化するものまで69業務、83ロボットにもなる。 ・情報収集の自動化 Webサイトから1商品ごとの市況情報を取得して処理する作業をロボットで自動化。具体的には、取得した情報を基に閾値超過判定を行った後にExcelへ転記し、閾値を超過していれば担当者へメールを送信する作業までが自動化された。その結果、年間148時間に相当する作業の自動化に成功。併せて、それまで2商品しか情報収集できていなかったところ、ロボット化することで6商品の情報収集が可能に。また今後他にも40商品への展開の可能性もある。データの転記ミスが減るなど副次的な効果もみられた。 ・出荷帳票処理の自動化 客先から伝送受信するデータを基に出荷帳票を作成して印刷する作業を自動化。 ・保険取扱い業務の自動化 保険会社より保険金支払い予定データをメールで受領後、基幹システムに連携し、保険金支払通知書を出力。その後、各担当部署へ支払通知書と入金予定データを添付してメールを送信。この一連の処理を自動化。 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 引用元・出典 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]導入事例 伊藤忠商事株式会社 Ui Path [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row css_animation="" row_type="row" use_row_as_full_screen_section="no" type="grid" angled_section="no"...

[vc_row] [vc_column] [vc_column_text] 企業 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]株式会社ビズリーチ [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 業種・業界 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]人材サービス [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 概要 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」をはじめ、人材領域を中心に様々なインターネットサービスを運営する株式会社ビズリーチ(以下、ビズリーチ)は、社内業務改革を推進するBPR部を社内に設けている。そして、ビズリーチは社内業務改革の一環としてRPAの組織的な活用を推進している。 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 利用したRPAサービス [vc_separator type="small" position="left" up="6"]UiPath [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] RPAで実現したこと [vc_separator type="small" position="left" up="6"]BPR部マネージャーである 田中 聡氏は、RPA導入の背景について次のように説明する。「当社の人事では、社内アンケートの収集業務があるのですが、今までは人の手で行われており作業に3日程かかっていました。それを何とかできないかと、社内で既に契約していたRPAのツールを使用してみたところ、3日かかっていた作業が1時間かからなくなったのです。このことをきっかけに、BPRとして他の業務も改善できるのではないかと考えました。」 UiPath導入以前は、媒体毎に異なるフォーマットになっている候補者情報を採用管理システムに入力し、さらにCSVファイルとして共通フォーマットに再形成する作業を毎日30分~1時間行っていた。「ミスがあった時には、そのミスの箇所を探して一つずつやり直すことになるので、非常に時間がかかり、負担が大きかったです。作業自体は単純ですが、一から説明しないと理解が難しいため、担当者が変わる際の引き継ぎ作業も簡単ではありませんでした。しかし、これらの作業をUiPathを通じて自動化することで、今までのストレスが全てなくなりました。」と後藤氏は語る。 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 引用元・出典 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]導入事例 株式会社ビズリーチ Ui Path [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row css_animation="" row_type="row" use_row_as_full_screen_section="no"...

[vc_row] [vc_column] [vc_column_text] 企業 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]長富士フイルムホールディングス株式会社 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 業種・業界 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]精密・医療機器 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 概要 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]富士フイルムグループでは経理部門をはじめ多くの部門で、社内業務改革の一環として「UiPath」のRPAを導入している。ここでは同社のRPA導入への経緯や、今後の取り組みについて紹介する。 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 利用したRPAサービス [vc_separator type="small" position="left" up="6"]UiPath [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] RPAで実現したこと [vc_separator type="small" position="left" up="6"]「重視したのはERPとの親和性です。それはERPの入出力業務の負荷が高く、ERP業務に関わっているユーザーが多いためです。それ以外にも、グローバルでの対応力や、導入実績、導入後の運用支援体制など、様々な観点を比較検討した結果、UiPathを含めた2社が最終選定候補に残りました。最終的には実際にロボットを作ってみて、開発のしやすさなどを含めた総合評価でUiPathを採用しました。」 富士フイルムグループのRPA導入展開は、経理部門をはじめ、グループ内のシェアードサービスを行っている給与、人事、購買業務など、RPAの導入効果の高い業務に優先順位をつけながらプロジェクト化し、RPAの導入を進めていった。 RPAの効果をより高めるためには、BPR(ビジネス・プロセス・リエンジニアリング)とRPA活用をセットで行う必要があると考え、2018年2月にRobotic Innovation室を立ち上げたと柴田氏は語る。「Robotic Innovation室では、RPAの活用に拘らず、様々なITを適材適所で活用することを推進している。RPAはあくまでツールの一つ。場合によってはExcelマクロで十分なケースもある。また、役割や体制を変えるだけで解決するケースもある。RPAの活用云々以前に、現状の業務を可視化することでWhy、What、Howが明確になり、最適なツールが見えてくる。」 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 引用元・出典 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]導入事例 富士フイルムホールディングス株式会社 Ui Path [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row css_animation="" row_type="row" use_row_as_full_screen_section="no"...

[vc_row] [vc_column] [vc_column_text] 企業 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]長野県 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 業種・業界 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]官公庁 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 概要 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]長野県は、富士通のRPAツール「Axelute」と公共工事の設計・積算業務支援ソフト「ESTIMA」を活用し、行政事務を効率化する実証実験を実施。RPAでは作業時間を最大88%削減するなどの効果を確認した。職務を単純作業から付加価値の高い作業へシフトさせ、行政サービスの品質向上を目指す。 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 利用したRPAサービス [vc_separator type="small" position="left" up="6"]Axelute [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] RPAで実現したこと [vc_separator type="small" position="left" up="6"]長野県と富士通は2019年3月18日、RPA(Robotic Process Automation)とAIを活用して行政事務を効率化する共同実証を2018年7月から2019年2月まで実施したと発表した。有効性を検証し、作業時間の削減と品質向上につなげられることを確認したという。 実証実験では、富士通のRPAツール「FUJITSU Software Interdevelop Axelute(インターディベロップ アクセリュート)」(以下、Axelute)と、AI技術を搭載した公共工事の設計・積算業務支援ソフト「FUJITSU 公共ソリューション SuperCALS ESTIMA V6(スーパーキャルス エスティマ V6)」(以下、ESTIMA)を活用した。 [vc_separator type="transparent"...

[vc_row] [vc_column] [vc_column_text] 企業 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]埼玉県 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 業種・業界 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]官公庁 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 概要 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]埼玉県が15業務を対象に、富士通のRPA(ロボティックプロセスオートメション)ツール「FUJITSU Software Interdevelop Axelute」を4月に本導入する。定型業務の自動化で作業時間を最大92%削減し、政策立案時間の創出を目指すとしている。 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 利用したRPAサービス [vc_separator type="small" position="left" up="6"]FUJITSU Software Interdevelop Axelute [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] RPAで実現したこと [vc_separator type="small" position="left" up="6"]導入前の検証で富士通は、県の総務事務センターにおける賞与などに相当する勤勉手当の除算期間計算業務、教育局財務課における県立高校の生徒マスターの集計業務など、7業務を対象に県側とRPAの有効性を検証。作業時間を最大92%削減できる効果を確認したという。これを受けて4月から県が独自で取り組む8業務をRPA化の対象に追加することになった。  導入前検証で確認した具体的な効果は、勤勉手当の除算期間計算業務では職員が勤務整理簿を参照に計算していた作業をRPAで自動化し、年間934時間の作業を72時間(見込み削減効果は94%)に短縮する。生徒マスターの集計業務では県立高校から送付される生徒マスターなどのファイルの集計・報告を自動化することで、年間117時間の作業を42時間に短縮(同64%)を見込む。 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 引用元・出典 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]埼玉県がRPAツールを本導入--作業時間を最大92%削減 ZDNet...

[vc_row] [vc_column] [vc_column_text] 企業 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]東京都 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 業種・業界 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]官公庁 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 概要 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]東京都は、RPAによる作業自動化の共同実証実験結果を発表した。主税局やオリンピック・パラリンピック準備局などの29業務を対象に実施した結果、25業務で年間換算438時間の縮減効果が得られたという。 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 利用したRPAサービス [vc_separator type="small" position="left" up="6"]--- [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] RPAで実現したこと [vc_separator type="small" position="left" up="6"]RPAに向けた業務分析やシナリオを作成し、東京都職員とともに効果を検証した。その結果、処理時間の縮減や正確性の向上、自律的な業務改善を確認したという。 対象となった部署は東京都の主税局やオリンピック・パラリンピック準備局、水道局、収用委員会事務局、総務局。実際にRPAを適用した業務は、個人事業税の統計資料整理や通勤届の作成支援、文書管理システムへの入力など29種類。 29業務のうち、25業務で処理時間を縮減でき、年間換算すると438時間の縮減効果が得られた。縮減率の平均は66.8%。例えば通勤届の作成支援では46時間の縮減効果が得られたとしている。 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 引用元・出典 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]RPAで年換算438時間の縮減、東京都が実証実験 at mark IT [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row css_animation="" row_type="row" use_row_as_full_screen_section="no" type="grid"...

[vc_row] [vc_column] [vc_column_text] 企業 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]茨城県つくば市 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 業種・業界 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]官公庁 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"]茨城県つくば市にてRPAの試験導入を実施。市民税課と市民窓口課において業務の一部の効率化が進んだ。 概要 [vc_separator type="small" position="left" up="6"] [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 利用したRPAサービス [vc_separator type="small" position="left" up="6"]WinActor [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] RPAで実現したこと [vc_separator type="small" position="left" up="6"]RPAの導入によって以下の業務が効率化された。 ・市民税課:5つの業務にRPAを導入したところ、作業時間が3ヶ月間でおよそ116時間の削減に成功。年間換算でおよそ336時間の削減を見込めるとのことです。ちなみに削減率は79.2%になるようです。 ・市民窓口課:作業時間が3ヶ月でおよそ21時間の削減に成功。年間換算でおよそ71時間の削減が見込めるとのことです。削減率は83.3%です。 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 引用元・出典 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]RPAを導入した茨城県つくば市が得た劇的な変化とは RPAの教科書 [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row css_animation="" row_type="row" use_row_as_full_screen_section="no" type="grid" angled_section="no" text_align="left"...

[vc_row] [vc_column] [vc_column_text] 企業 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]ユニリーバ・ジャパン [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 業種・業界 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]その他メーカー [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 概要 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]ユニリーバ・ジャパンが提供するサービスである、ベストストアファインダーの運用にはRPAが積極的に活用されている。各種ECサイトで販売されている商品情報を混ておめて確認できるように、情報収集にRPAを活用。 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 利用したRPAサービス [vc_separator type="small" position="left" up="6"]--- [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] RPAで実現したこと [vc_separator type="small" position="left" up="6"]ベストストアファインダーとは、同社が提供しているサービスのことで、Amazonや楽天などといったECサイトで販売している同社の商品の情報をまとめて確認できるというものです。掲載している情報は各ECサイトごとの「価格」「在庫の有無」「獲得できるポイント」など、顧客が必要とする情報がそろっています。 同社は外部のECサイトから商品の情報を集めて構築し、自社のサービスサイトに表示させる、という業務を自動化しました。「ベストストアファインダーはRPAがあってこそ実現することができた」とも強く述べています。人の手では集めることが困難な膨大な商品データを、毎朝決まった時間に自動で正確に収集できるようになりました。 [vc_separator type="transparent" position="center" up="1" down="30"] 引用元・出典 [vc_separator type="small" position="left" up="6"]ユニリーバ・ジャパンのRPA導入事例から見るRPAの可能性 RPAの教科書 [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row css_animation="" row_type="row" use_row_as_full_screen_section="no" type="grid" angled_section="no" text_align="left"...